Lightblue

株式会社Lightblue(以下 Lightblue)の代表取締役 園田が2023年11月20日(金)に行われた、Keidanren Innovation Crossing (KIX)に登壇しました。

<Keidanren Innovasion Crossing(KIX)の開催概要>

Keidanren Innovation Crossing (KIX)は「日本経済団体連合会」が主催となり、スタートアップと大企業の連携促進を目的とした、ピッチ・ネットワーキングイベントです。

  • 日時:11月20日(月)14:00〜15:30
  • 会場:Google 6F イベント会場
  • 開催方法:完全リアル開催(オンライン配信なし)
  • 詳細はこちら

<Lightblueピッチ内容>

ピッチの中では、人にフォーカスした画像解析技術「Human Sensing」の活用事例や大規模言語モデル(以下:LLM)を活用した取り組み、またHumanSensingとLLMを一緒に活用することで実現できるソリューションについてご紹介させていただきました。
特にLLMでは社内連携ツール(SlackやTeams)×ChatGPTで生産性の向上を支援する「Lightblue Assistant」やLightblue独自で開発を行った、国内最大規模の67億パラメーターをもつ日本語LLMについてもご紹介させていただきました。

▼Lightblueが公開した国内公開モデル最大規模の日本語LLMの詳細はこちら

<Lightblueについて>

LightblueはDeep Learningを中心としたAIアルゴリズムを社会実装することで、 複雑化した社会で生まれる課題の解決を目指します。人にフォーカスした画像解析技術”Human Sensing”は、人がどのような状態にあるか、何をしているか、何秒その状態にあるか、をリアルタイムで計測・データ化。人の動作解析AIモデルのノーコード内製化ツールの提供も開始しています。

▼人にフォーカスした画像解析技術「Human Sensing」の詳細はこちら

▼生成AIの社内活用を加速させるワークショップの詳細はこちら

▼社内連携ツール×ChatGPTで生産性向上「Lightblue Assistant」の詳細はこちら

共有する

関連ニュース