LLM Talk Night|LLM開発の先駆者が語るLLM発展の今と未来【対面型イベント】

生成AIの核心に触れる、対面イベント「LLM Talk Night|生成AIの未来を拓く最前線の技術と戦略を語る」が7月23日(火)19時より開催されます。

イベント内容

  1. 冒頭挨拶
  2. 自己紹介
  3. テーマ1:LLMで注目している現在のトレンド
  4. テーマ2:LLMのさらなる発展のための課題
  5. テーマ3:企業はどのようにLLMに向き合えばいいのか
  6. テーマ4:これからのLLMのトレンドはどう移り変わるのか

こんな方におすすめ

  • 生成AIの技術動向に関心がある方
    最新の言語モデル(LLM)に関する技術トレンドを把握し、生成AIの本質を理解したい方に最適です。
  • 主要メディアの情報だけでは物足りないと感じている方
    ITmediaなどの主要メディアでの情報だけでなく、生成AIの開発現場や最新の研究成果についてより深く知りたい方におすすめです。
  • 社内で生成AIの実装を進めたい方
    どのLLMを選ぶべきか迷っている方、ビジネスへの導入戦略を模索している方に、実践的なアドバイスと選定ポイントを提供します。
  • RAG(Retrieval-Augmented Generation)やファインチューニングに関する知識を深めたい方
    RAGの活用法やファインチューニングの具体的な手法について、専門家からの実例を通じて理解を深めることができます。
  • 生成AIの今後のトレンドを知りたい方
    これからの言語モデル(LLM)がどのように進化し、どのような応用分野が広がるのか、最新のトレンドと未来の展望について知りたい方に。


このイベントを通じて、生成AIの技術動向を深く理解し、最新の知識と実践的なスキルを身に付けることができます。企業の技術戦略に生成AIを統合しようと考えている方にとって、価値ある情報を提供する内容となっています。

詳細

  • タイトル   :LLM Talk Night|LLM開発の先駆者が語るLLM発展の今と未来
  • 主催     :株式会社Lightblue
  • 開催日時   :2024年7月23日(火)19:00~21:00
  • 会場  :〒1500043 東京都 渋谷区 道玄坂 1-16-6 二葉ビル 10A
  • 参加費    :無料(事前申込制)
  • 定員     :50名(先着順)
  • 申込     :登録ページよりお申し込みください。詳細をメールでご連絡します。

お申し込み方法

  • 本ページ下部の登録フォームよりお申し込みください。
  • 複数名ご参加の場合は、お手数ですが1名ずつフォームからお申し込みください。

パネリストプロフィール

1. 園田亜斗夢
株式会社Lightblue 代表取締役

東京大学工学部卒。東京大学大学院工学系研究科修了。博士(工学)。2018年に映像解析・自然言語処理AIを軸にソリューションを開発するLightblueを創業。ヒトにフォーカスした画像解析システム「Human Sensing」や国内トップクラスの性能を誇るLLM Karasuシリーズ、独自データ活用のためのLLMアプリケーションLightblue Assistantを展開。

2. 清水
AI研究家

株式会社ゼルペム所属スペシャリスト。1976年長岡生まれ。幼少期にプログラミングに目覚め、高校生からテクニカルライターとして活動、全国誌に連載を持つ。米大手IT企業で上級エンジニア経験を経て1998年に黎明期の株式会社ドワンゴに参画。以後、モバイルゲーム開発者として複数のヒット作を手がける。2003年に独立して以降19年間に渡り、5社のIT企業の創立と経営に関わる。2018年〜2023年まで、東京大学 客員研究員として人工知能を研究。

3. 中山 智文
カラクリ株式会社取締役 CPO

大学の学部卒業後、フリーランスエンジニアとして仕事を続けながら、シリコンバレーに1年間留学(情報セキュリティを専攻)。帰国後、東京大学大学院で機械学習技術の応用研究を行う。 修士課程1年の夏、他のメンバーたちと共にカラクリ株式会社を創業。取締役CTOに就任。2足の草鞋を履き続け、2021年3月に博士号(科学)を取得。2023年10月よりCPO専任になり、プロダクト全般を管掌している。

4. おざけん(小澤健祐)
「人間とAIが共存する社会をつくる」がビジョン。ディップが運営するAIメディア、AINOW編集長を務める。一般社団法人生成AI普及協会、協議員。書籍「生成AI導入の教科書」など1000本以上のAI関連記事を執筆。その他、AI領域で幅広く活動。AIベンチャー「Carnot」の事業戦略や生成AI教育事業を展開するCynthalyの顧問、日本最大のAI活用コミュニティ「SHIFT AI」のモデレーター&パートナーインフルエンサー、ディップの生成AI活用推進プロジェクト「dip AI Force」の推進も務める。AIに関するトークセッションのモデレーターや登壇も多数。

株式会社Lightblue

Lightblue はAIの民主化を目指し、画像解析・自然言語処理AIを軸にソリューションを開発している東大発スタートアップ企業です。
生成AI・LLMの研究開発に特化したチーム「LLab」を設立し、安全性と透明性を重視したAIモデルの開発に取り組んでいます。AI技術の活用範囲を広げ、社会にポジティブな変革をもたらすことを目指しています。

関連記事