2020年度 人工知能学会全国大会(JSAI 2020)に登壇します

2020年6月5日

投稿者:lightblue

2020年度 人工知能学会全国大会(JSAI 2020)が、2020年6月9日(火)~6月12日(金)にかけて、オンラインにて開催されます。

人工知能学会全国大会とは、年に1度開催されるイベントでして、全国から集まった研究者・技術者により人工知能に関する様々な研究内容が発表されます。

そして今回弊社からは、エンジニアの谷口、平原が登壇し、論文発表を行います!

弊社で日々取り組んでおりますビジネスでの実体験をもとに研究テーマとして発表させて頂きますので、ビジネスでのAI活用等ご検討されている方、AIについて興味がある方等、是非この機会に参加を検討頂くのは如何でしょうか。それでは皆様のご参加を心よりお待ちしております!

【学会の概要】
名称:2020年度 人工知能学会全国大会
会期:2020年6月9日(火)~12日(金)
会場:オンライン開催(今大会はビデオ会議システムZoomでの開催となります)
参加登録:事前登録制(詳細は公式HP:https://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2020/をご覧ください)
お申し込みはこちらhttps://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2020/attendance
公式HPhttps://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2020/

【発表内容】
日時:6月9日(火) 13:20-15:00
プログラム:インダストリアルセッション1
発表者:谷口俊一
演題:「建設現場をはじめとした働く現場での安全管理のための画像解析の活用」
概要:建設現場や配送センター,製造業の現場では機械との接触や転倒などを原因とした労働災害が発生しています。ライトブルーテクノロジーでは、このような働く現場での災害やヒヤリハット事例などを抑制するための技術として画像解析を活用し、作業内容や危険な状況の見える化を進めています。実際の現場でのアラートには画像処理の速度だけではなくシステム全体での遅延への対策が重要で、カメラやネットワーク計算機、アルゴリズムの全体最適化が重要です。
実際のシステム構成について紹介しつつ、今後の技術開発の展望についてご紹介致します。

日時:6月10日(水) 18:30-18:50
プログラム:移動系列のデータマイニングと機械学習 (3)
発表者:平原大暉
演題:「姿勢推定の出力を用いた動作推定:動作の種類に対する各アルゴリズムの推定精度の変化」
概要:AIの社会実装が進むにつれて、カメラから人の状態を推定するという需要が増えており、姿勢推定の出力から動作を推定する試みが行われております。しかし、動作にも動きがない物、時間や周期の異なる物が存在し、動作の種類に対して適した分類器が異なるという問題がございます。ここで重要となるのは実装時にどの分類器を選べば良いのかという観点です。そこで本論文では、分類器におけるアルゴリズムの種類と使用する動画フレームの2つに注目して、動作の種類に対する分類器の精度変化を調べております。LSTMとSVMとで動作に対する精度の変化が異なり、動画フレームの時間間隔と推定に使う時間による精度の変化も動作に対して異なる点等調査・研究結果についてご紹介致します。